kimonoyasan

新着記事

新着コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

< 2019年10月 >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ケータイ・スマートフォンで見る

ケータイで見る

江戸小紋 縞きもの


江戸小紋の縞の着物です。オーソドクスな縞の小紋ですがコーディネイトによりお出かけ、お稽古、ちょっとしたお食事会、観劇等もっていると重宝するお着物だと思います。また帯を選ぶのも比較的自由に楽しんで頂けます。

ブログを連続して鮮明な写真を見て頂くにはスマホでご覧の方恐れいりますが下にスクロールしてPCページよりご覧ください。
2019年10月31日 (木) | お知らせすべて表示

きれいな お色目 訪問着



少しきれいなライムグリーンがかかった水色のきれいな訪問着です。四季のお花が描かれておりますので暑い時期以外に着て頂けます。今の時期ですと七五三の付き添いなどに向くと思います。あとは結婚式や入学、卒業式などに着ていただける上品な訪問着です。
2019年10月28日 (月) | お知らせすべて表示

引き抜き アンティーク 袋帯


昔の引き抜きという結び方で結ばないとお太鼓の上下が逆になっていまうように作られれています。帯締めと帯上げ帯枕を使うお太鼓が一般的になる前の帯の柄付けです。絞りのようにエンボスになった柔らかな生地にボリュームある日本刺繍を施した上質な帯で状態もアンティークとしては非常に良い状態です。
2019年10月19日 (土) | お知らせすべて表示

鮮やかなアンティーク着物





絞りと友禅を交互に格子状に柄付けした鮮やかな小紋です。アンティークのお着物は独自の色合いが現代とは違います。昭和初期の頃の着物ですが銀座などの繁華街はこのようなお着物のご婦人が闊歩しさぞ華やかだっんだろうと想像します。
2019年10月11日 (金) | お知らせすべて表示

野蚕糸着物


野蚕糸、タッサーシルクやムガシルクと称されるインドの天然蚕から紡いだ糸から織られた紬の着物です。繭ごとに色にばらつきがあるのでなんともいえないグラデーションが綺麗です。また日本のお蚕さんは桑をたべますが、こちらは沙羅双樹やアルジュンという木の葉を食べて育つので日本の生糸とは味わいが違います。また天然ものですので糸をあつめるのが大変で希少価値があります。



ブログを連続して鮮明な写真を見て頂くにはスマホでご覧の方恐れいりますが下にスクロールしてPCページよりご覧ください。

2019年10月06日 (日) | お知らせすべて表示
7件中 1~5件目 < 前のページ | 1 | 2 | 次のページ >