kimonoyasan

新着記事

新着コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

< 2020年5月 >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ケータイ・スマートフォンで見る

ケータイで見る

立涌 夏大島


立涌(たてわく、たてわき)模様の蚊絣の夏の大島紬です。(紗紬)です。立涌とは蒸気が涌き登る様で縁起の良い柄でまた正倉院の古裂にもある格式の高い柄でもあります。夏の藍地のお大島は白のお襦袢の上にお召しになるとぐっと涼しげな感じがします。またこの大島はクラッシックでシンプルで姿が良い夏のお着物だと思います。


ブログを連続して鮮明な写真を見て頂くにはスマホでご覧の方恐れいりますが下にスクロールしてPCページよりご覧ください

ps 
恐れ入りますが5月31日(日)臨時休業させて頂きます。ご迷惑お掛けしますがよろしくお願いします
2020年05月30日 (土) | お知らせすべて表示

明石縮


先回は麻の縮みを紹介しましたが今回の明石縮は絹の先染めの織物です。こちらも縮みと名がつくので糸強い撚りをかけたものを織るので生地に凹凸がでて肌にべたつかず。夏のお着物として最適です。明石縮といいますが新潟の十日町で製作されるお着物です。
ブログを連続して鮮明な写真を見て頂くにはスマホでご覧の方恐れいりますが下にスクロールしてPCページよりご覧ください

2020年05月29日 (金) | お知らせすべて表示

蚊絣 小千谷縮 


蚊絣の小千谷縮みです。麻織物ですが緯糸に強い撚りをかけた麻糸を使い湯もみすることでしぼをだしたもので肌にべとつかず夏に快適な着物です。
越後と言えば紬が有名ですが越後の虎といわれた上杉謙信のころ麻の織物を奨励して越後の特産として全国に販売していたそうです。最高級の麻織物は越後上布として現在に至っています。
2020年05月24日 (日) | お知らせすべて表示

紫色に白い百合の本染めゆかた



立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花といわれるように美しいものを代表するご存知の初夏から夏にかけてのお花です。西洋では聖母マリア様を象徴する花として白い百合はマドンナリリーと呼ばれているそうです。また洋の東西問わずお名前でもユリさんやLillyさんはいらっしゃるので女性のお召し物の柄にはふさわしいお花の柄なんだとも思います。写真は白い百合の花の本染めのゆかたです。コーマ地で着心地も良いです。

ブログを連続して鮮明な写真を見て頂くにはスマホでご覧の方恐れいりますが下にスクロールしてPCページよりご覧ください

 

2020年05月22日 (金) | お知らせすべて表示

紳士 よろけ縞 浴衣



NHKの朝のドラマ「エール」で主人公の窪田正孝さんや二階堂ふみさんが時々ゆかたを着て登場しているのを見て良い浴衣を着ているなと職業柄気になってしまうのですが、彼や彼女が着ているのは本染め(注染)の浴衣です。紺地や白地のシンプルな浴衣はやはり浴衣らしくて良いなと思います。写真の浴衣も紳士の本染め浴衣です。細かなよろけ縞が粋な感じがします。

ブログを連続して鮮明な写真を見て頂くにはスマホでご覧の方恐れいりますが下にスクロールしてPCページよりご覧ください
2020年05月15日 (金) | お知らせすべて表示
7件中 1~5件目 < 前のページ | 1 | 2 | 次のページ >