令和元年度・面接マナー講習会

83()に、看護医療学校受験対策の第一歩「面接・マナー講習会」を実施しました。看護専門学校、看護医療大学を目指す本校生が参加し約4時間にわたり、立ち居振る舞いや発声練習、好感をもたれるマナーエチケットの基本を演習しました。

この講習で身に付けた知識を基に、後期からの受験期には一人ひとりに対して面接訓練を実施していきます。

 

 

さて、面接試験で重要なことは

・志望理由や自己PRを含め、面接官の先生とのコミュニケーションの場であること

・相手に話を聞いてもらうためには、良い印象を与えること。「メラビアンの法則」と呼ぶ、第一印象の重要性を知ること

・第一印象は声の調子、表情でほぼ80%が決まってしまうこと

つまり、入室から自己紹介などの行動で相手に持たれる印象が決まってしまうことであり、あらかじめ用意した問答例を暗記して話すことではないことを理解してもらいました。

 

 

 

看護医療系の学校では、看護専門学校のほとんどと、大学でも推薦やAO入試では面接試験を課す学校が少なくありません。普段から自分の印象、話し方、声の調子などを気にかけておくことがとても大切です。  


 


また、自分ではなかなか確認できない、すわり姿、お辞儀の仕方なども訓練しました。

すわり姿は

・背もたれにもたれず、こぶし一つ分を空ける

・女性は指先を伸ばしてそろえ、男性は軽くこぶしを握る

・背筋を伸ばして胸を張る

 

 

お辞儀は

・まっすぐに立ち、胸を張り、あごを引く

・背筋を伸ばし「ウエスト」から約30度、体を倒す

・一呼吸おいてからもとの直立の状態に戻す

これらが、印象の良い立ち居振る舞いです。

  

 

 

志望理由のロールプレイングでは自己PRを含めて、どのように話を組み立てるか、自分の熱意や良いところなどもきちんと面接官に伝えるための組み立ても学びました。また、印象に残る話し方も全員が演習をしました。

一般入試では高校生も、社会人も同時に受験することになります。年齢、性別の垣根を越え、楽しい中にもそれぞれが協力しあい真剣に取り組みました。

 

 

身だしなみや言葉遣いは、看護学校に合格するためだけのテクニックではありません。これから先、患者様やそのご家族はもちろん、チームスタッフからも愛される医療従事者として活躍するための必要最低限の素養です。

そういったことが、医療従事者にとって重要なコミュニケーション能力の基本ともいえるのです。

いつまでも初心を忘れず、常に明るく元気に相手を思いやれる医療従事者になってください。合格目指して頑張ろう!

2019年08月15日 (木) | 看護医療受験情報すべて表示

看護医療学校2019年度<合格状況>

本校の2019年度看護医療学校入試の合格状況は下記の通りです。

合格者の笑顔も公式HPで公開中ですので是非ご覧下さい!→合格者の笑顔だけが真の実績を証明します



2019
年度看護医療学校入試ー合格状況

・神戸市医師会看護専門学校10
(社会人入試6名/一般入試4名)

・西宮市医師会看護専門学校5(社会人入試3名/一般入試2名)

・神戸中央病院附属看護専門学校4(社会人入試3名/一般入試1名)

・宝塚市立看護専門学校3名(推薦入試1名/一般入試2名)

・神戸市民間病院協会神戸看護専門学校13名(社会人入試1名/一般入試12名)
・西神看護専門学校 6名(一般入試6名)
・関西労災看護専門学校2名(一般入試2名)
・熊本労災看護専門学校 (院長推薦入試1)
・はくほう会医療専門学校明石校・看護学科2名(
推薦入試1名/一般入試1名)

・尼崎健康医療財団看護専門学校(一般入試1名)
・明石医療センター附属看護専門学校(一般入試1名)
・丹波市立看護専門学校(一般入試1名)
・平成淡路看護専門学校3名(一般入試3名)
岡山建部 医療福祉専門学校 (一般入試1名)
・関西看護医療大学・看護学部4名 (推薦入試2名/一般入試2名)

・宝塚大学・看護学部(推薦入試1)

・園田学園女子大学・人間看護学科 (AO入試1名)

・神戸常盤大学保健科学部・看護学科(推薦入試1)

・姫路大学・看護学部 (推薦入試1)

・姫路獨協大学・看護学部 (推薦入試1名)
・梅花女子大学看護保健学部・看護学科(
推薦入試1)

・関西国際大学保健医療学部・看護学科 (一般入試1名)
・神戸総合医療専門学校・作業療法士科(
推薦入試1)
・近畿大学附属看護専門学校・助産学科1名
・明石市医師会准看護高等専修学校6名
・伊丹市医師会准看護高等専修学校2名



今年度生も昼間・夜間部ともにみなさんよく頑張ってくれ、続々と合格者がでていることを大変嬉しく思っています。



ブランクが長く3
月のプレ講習から、粘り強く勉強された主婦や社会人の方。

昨年の入試でうまくいかず、浪人して朝から毎日休まず通って難関校の合格を手にした方。

お仕事や子育てのやりくりをされて勉強時間を確保して合格を手にした方。



淡路島や小野、宝塚など遠くからの通学にもめげずに頑張った方。

みなさん本当に素晴らしかったですよ。

努力して辛さを乗り越えたからこそ、夢への第一歩を踏み出せたのだと思います。



さあ、ここからがいよいよスタートです。これからも着実に
一歩ずつ進んでくださいね。

みんな、本当におめでとう!

2019年08月15日 (木) | 看護医療受験情報すべて表示

2019年度生開講式・オリエンテーションを実施しました!

2019年度生開講式・オリエンテーションを行いました!

 

415日。これから看護学校受験合格を目指してのスタートです。

 

 

すでに多くの方がプレ講習から参加されており、新しい学習環境にも慣れておられましたが、気持ち新たに受験に向けてのガイダンスを実施しました。

お昼、夜と2部に分かれて実施しましたが、入試の話になると真剣な眼差しで話を聞いてくれました。

また、看護学校でもICT教育に取り組む学校も増加しており、本校の生物の授業ではスマホを活用した小テストや復習が繰り返しできる環境も取り入れており、少しでも楽しく、また時間も有効に使える工夫もしています。

 

 

社会人の方は、仕事や家事、育児などとの両立。現役生の方はクラブ活動や学校行事との両立。忙しくて大変な日が続くと思います。

でも今まで合格されてきた多くの方は、ほとんど休まず通われ、常に目標意識を持ち続けた方ばかりです。大学の学部新設などで定員数が増えても、人の命に関わる看護系では学力、人物の両方を兼ね備えた方を必要とするので、難易度はそうは下がらないでしょう。

入試はまだまだ先です。でも、今から受験に備えておかなければならないこともお話ししました。好感を持たれる習慣は急にはつきませんから、医療者になる以上は常日頃から意識しておく方が良いことも話しました。

 

 

試験で高得点を取るだけではなく、人に愛され必要とされる人物になろうとする向上心を常に持ち続け、これからの本校での生活を送っていただきたいと思います。

 

 

私共の実績を評価して入学を決めて下さった皆さん。全力でその信頼に応えます。

卒業生の紹介で入学して下さった皆さん。彼女たちの言葉がウソでなかったことを合格という形で必ず証明してみせます。

来年の3月、例年と同じく全員が合格祝賀会で笑顔いっぱいで健闘をたたえ合う姿を思い浮かべ、これからの指導に職員一同全力を尽くすことをお約束いたします。

 

志望校合格を目指して、一緒に頑張りましょう!

また予備校への入学を悩んでいる方は、1日体験も可能ですのでご予約の上ご来校ください。
進んでいる範囲、苦手なところは随時講師がフォローしますから、途中からでも安心して学習することができます。
看護師になりたい。そう考えている方は是非、本校で夢をつかんでください!

2019年04月16日 (火) | お知らせすべて表示

看護医療学校受験対策<面接・マナー講習会を実施>

84()に、看護医療学校受験対策の第一歩「面接・マナー講習会」を実施しました。

看護専門学校、看護医療大学を目指す本校生が参加し約4時間にわたり、立ち居振る舞いや発声練習、好感をもたれるマナーエチケットの基本を演習しました。

この講習で身に付けた知識を基に、受験期には一人ひとりに対して面接訓練を実施していきます。その導入としての基礎訓練を毎年この時期に実施しています。

 

 

 

講習前には、受験準備における志望理由書の作り方、出願書類の書き方、各種証明書の準備方法などをガイダンスしました。受験が出願の時点から始まっていることを再認識していただき、この夏からもう一度モチベーションをあげていただけるようアドバイスをしました。

 

 

 

さて、面接試験で重要なことは

・志望理由や自己PRを含め、面接官の先生とのコミュニケーションの場であること

・相手に話を聞いてもらうためには、良い印象を与えること。「メラビアンの法則」と呼ぶ、第一印象の重要性を知ること

・第一印象は声の調子、表情でほぼ80%が決まってしまうこと

つまり、入室から自己紹介などの行動で相手に持たれる印象が決まってしまうことであり、あらかじめ用意した問答例を暗記して話すことではないことを理解してもらいました。

 

 

 

看護医療系の学校では、看護専門学校のほとんどと、大学でも推薦やAO入試では面接試験を課す学校が少なくありません。普段から自分の印象、話し方、声の調子などを気にかけておくことがとても大切です。

 

 

 

また、自分ではなかなか確認できない、すわり姿、お辞儀の仕方なども訓練しました。

すわり姿は

・背もたれにもたれず、こぶし一つ分を空ける

・女性は指先を伸ばしてそろえ、男性は軽くこぶしを握る

・背筋を伸ばして胸を張る

 

 

 

お辞儀は

・まっすぐに立ち、胸を張り、あごを引く

・背筋を伸ばし「ウエスト」から約30度、体を倒す

・一呼吸おいてから「ゆっくり」ともとの直立の状態に戻す

これらが、印象の良い立ち居振る舞いです。

 

 

 

 

 

 

そして自己アピールでは、どのように話を組み立てるかも重要です。自分の良いところを、きちんと面接官に伝えるための組み立ても学びました。また、印象に残る話し方も全員が演習をしました。

一般入試では高校生も、社会人も同時に受験することになります。年齢、性別の垣根を越え、ロールプレイングでは楽しい中にも、それぞれが協力しあい真剣に取り組みました。

 

 

身だしなみや言葉遣いは、看護学校に合格するためだけのテクニックではありません。これから先、患者様やそのご家族はもちろん、チームスタッフからも愛される医療従事者として活躍するための必要最低限の素養です。

そういったことが、医療従事者にとって重要なコミュニケーション能力の基本ともいえるのです。

いつまでも初心を忘れず、常に明るく元気に相手を思いやれる医療従事者になってください。合格目指して頑張ろう!

2018年08月07日 (火) | 看護医療受験情報すべて表示

2018年合格祝賀会を開催しました

33()本校に隣接する湊川神社楠公会館で合格祝賀会を行いました。

 

 

 

皆さんが楽しく語り合う姿をとても嬉しく見させていただきました。学校行事やお仕事の都合などで参加ができなかった方もいますが、大勢の方が参加してくれたことを感謝しています。

 

 

 

プレ講習から参加された方、夏期、冬期の講習から参加された方それぞれが全力で頑張って合格を手にしてくれたことがとても誇らしいです。

 

 

 

最初のハードルを越えた初心をいつまでも忘れないでくださいね。そしてこれからがいよいよ看護の道へのスタートライン。一歩ずつ、着実に学生生活を送ることが国家試験合格にもつながるでしょう。まだまだ勉強することがたくさんありますが、これだけ頑張ってきた皆さんなら大丈夫です!

自分の目指す理想の看護師になれるよう、日々精進してくださいね。

 

 

 

本当におめでとうござまいた。心からお祝いと感謝を申し上げます。


2018年03月19日 (月) | お知らせすべて表示
49件中 1~5件目 < 前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ... | 10 | 次のページ >