西宮市医師会看護専門学校・倍率・入試情報

西宮市医師会看護専門学校合格を目指す方へ

~倍率や過去問題傾向、面接などの入試情報

 

西宮市医師会看護専門学校は、現役高校生、社会人経験者それぞれに高い人気を誇る伝統ある看護専門学校です。専門実践教育訓練給付制度もあり、社会人の方も学費面の負担が軽減され安定的に社会人入試の倍率も高い傾向にある看護専門学校です。JR西宮駅からも徒歩2分程度と交通面も良く、通学がしやすい立地条件も人気の理由のひとつでしょう。在校生の年齢層は20代前半と若干低くなっていますが、30歳代の社会人や主婦の方でも本校からは数多く進学しています。

 

西宮市医師会看護専門学校社会人入試の特徴は「一般教養」であることです。一般常識問題に合わせて生物基礎や数学、国語などとの複合問題になっており、問題数が大量で、100分で全てを解ききるのはかなり困難といえます。筆記試験で合格点に近づくためには、最も得点しやすい「生物基礎」「数学」の基礎学力を習得しておくことが重要で、解けそうな問題から解き進め取りこぼしを無くすことが良いでしょう。西宮市医師会看護専門学校社会人入試は筆記試験で合格点に達しなければ面接選考に進めませんので、できるだけ筆記試験で高得点をとる努力をしておくことが合格の条件です。勉強量に比例して得点しやすい「生物基礎」「数学」をしっかり基礎から学習しておくことが効果的です。

 

また、西宮市医師会看護専門学校の推薦入試は「数学」「国語」の筆記試験となっていますが、国語の中には200字の「小論文」があることに注意が必要です。注意点を順守することが求められますが、日頃からの「書くこと」への意識をしっかり持っておくこと大切だと思います。文字の「丁寧さ」「見やすさ」なども授業でのノートのとり方への意識で随分と変わると思います。また西宮市医師会看護専門学校の推薦入試では評定基準が3.0に近年、下げられました。そして看護専門学校の推薦入試では珍しく「併願可」となっていることも大きな特徴です。このため平成30年度入試以降は100名を越える推薦入試受験者となり、圧倒的に倍率が高くなりました。勝ち抜くためには高校の評定を上げておくことはもちろん、確実な筆記試験合格レベルの学力養成が必要になります。

 

そして西宮市医師会看護専門学校の一般入試は「国語」「数学」「英語」となっていて、ここで皆さんがあまり得意でない「英語」が出現します。平成25年度生入試までは生物だったのですが看護専門学校の入試は科目においても数年毎に変更がされる場合がありますので、新年度の募集要項には目を光らせておくべきだと思います。ただ英語は過去問題を見れば分かりますが、比較的に平易な問題構成になっています。高校1年生レベルの基礎学力を身につけておけば恐れる必要はありません。

 

西宮市医師会看護専門学校の受験倍率は、過去3年分の学校発表が公式ホームページに掲載されていますので入学者の平均年齢と共に参考にしてください。

ちなみに本校受験生報告による2020年度生入試の受験者数と合格者数は、

・社会人入試41(合格11)

・推薦入試161(合格48)

・一般入試128(合格48)でした。

 

本校から西宮市医師会看護専門学校への合格者数は、

2015年度から2019年度入試までの過去5年で26名。

2020年度入試の合格者数は現在8

(社会人入試1名合格・推薦入試2名合格・一般入試5名合格)となっています。

西宮市医師会看護専門学校の合格を目指す方は是非本校の中堅校受験Aコースで学び、看護師になるための道を切り拓いてください。

詳しくは公式ホームページをご覧下さい→神戸看護受験セミナー

 

2020年01月28日 (火) | 看護医療受験情報すべて表示

~神戸看護専門学校・倍率・入試情報

神戸市民間病院協会 神戸看護専門学校合格を目指す方へ
~倍率や過去問題傾向、面接などの入試情報

神戸看護専門学校は、特に社会人経験者の方から人気が高い看護専門学校です。早くから専門実践教育訓練給付制度も取り入れており、転職などでの費用面の負担も軽減できるよう取り組んできた伝統ある看護専門学校です。卒業後は民間病院協会の設立でもあり、地域に密着した病院に奉職ができます。また、神戸看護専門学校は神戸市営地下鉄県庁前やJR元町駅からも近く、主婦から看護師を目指す方などにも通学がしやすい立地条件となっています。在校生の年齢層も幅広く、その中で学ぶことは現役高校生も人間的に大きく成長でき、豊かな人間性も育めると思います。

 

神戸看護専門学校一般入試の特徴は「生物基礎」があることです。最近の看護専門学校の一般入試傾向では生物基礎を課す学校は減少していますが、入学後の基礎知識としてはとても大切な科目なのでこの点は大きく評価されるべきだと考えています。(受験科目は年度によって変更があります。ご注意ください)その他の科目は「数学」「国語」となりますが、基本的な問題で構成されることが多く、できるだけ高得点をとる努力をしておくことが合格の条件です。入学後に点数の開示があるので、その時に70%は得点できていたのだな、と実感されることでしょう。ネット上の誤った情報に惑わされることなく、確実に得意な科目で得点を稼いでおくことが大切です。そのためには勉強量に比例しやすい「生物基礎」をしっかり基礎から学習しておくことが効果的です。

 

また、神戸看護専門学校では従来から社会人入試、推薦入試では面接試験が行われてきましたが、一般入試では令和2年度生入試から久しぶりの復活となりました。今年度の面接選考の報告を聞くと、ほとんどが通常予測できるような質問が多かった印象です。なぜ今看護師を目指すのか、学費は大丈夫か、子供の世話はどうするか、働きたい病院は、入学後の取り組みはどうか、将来のキャリアプランはどう考えるか、などが代表的な質問でした。志望理由書をもとにじっくり話を聞いて、校風に合った人物なのかを確認していたのかと思います。しかしながら、結局は筆記試験で70%程度は得点できていなければ合格には至らないと考えて差し支えありません。入学後のドロップアウトを防ぐためにも一定程度の学力は必須だからです。

神戸看護専門学校の受験倍率は、学校発表はありませんが本校の受験生報告によれば、おおよその受験者数は下記の通りです。

2017年度入試(社会人入試117名・一般入試189)
2018
年度入試(社会人入試101名・一般入試180)
2019
年度入試(社会人入試96名・一般入試129)
2020
年度入試(社会人入試82名・一般入試80)

本校から神戸看護専門学校への合格者数は、
2015
年度から2019年度入試までの過去5年で72名。
2020年度入試の合格者数は現在12
(社会人入試3名合格・一般入試9名合格)となっています。
神戸看護専門学校の合格を目指す方は是非本校の中堅校受験Aコースで学び、看護師になるための道を切り拓いてください。

 

詳しくは公式ホームページをご覧下さい→神戸看護受験セミナー

2020年01月24日 (金) | 看護医療受験情報すべて表示

~神戸市医師会看護専門学校・倍率・入試情報

神戸市医師会看護専門学校合格を目指す方へ

~倍率や過去問題傾向、面接などの入試情報
 

神戸市医師会看護専門学校は、神戸市や近隣の市にお住まいの方が入学を希望されることが多い、伝統ある看護専門学校です。卒業後の奉職先も地域の病院から市民病院、医療センターなど多くの方が希望される人気の病院があります。神戸市医師会看護専門学校は交通の面もよく、神戸市営地下鉄を利用できる方には抜群の立地条件となっています。

元々現役高校生の人気が高いこともあり、在校生の平均年齢層は低いですが、最近では社会人経験を経て入学される方も数多くおられます。平成31年度から専門実践教育訓練給付制度の指定をされたこともあり、キャリアを積んだ社会人の方々が給付を受けられることになったのも社会人入試の人気が高まった理由のひとつとも言えると思います。

 

神戸市医師会看護専門学校の推薦入試の特徴は「小論文」があることです。これまでの傾向では「600文字」を「40分」で書くことが求められています。なかなか大変です。「テーマ型」の出題になるので語彙力が必要となりますが、最近の社会の情勢や医療福祉に関わる知識を知っておくと練習を繰り返せば書けるテーマが多いと思います。その他の科目は「数学」「国語」となりますが、過去問題を見た方なら分かるかと思いますが、年度によって難易度が変わってきます。特に数学は4~5年前の推薦入試の問題と比較すると難易度は上がっています。しっかりとした基礎学力を身に付けておくことが推薦入試合格の必要条件です。

また推薦入試合格を目指す現役高校生は、高校の出席率がとても大切です。可能な限り体調に気を配りなるべく休まない健康な体の維持に努めてくださいね。

 

一方、神戸市医師会看護専門学校の社会人入試は特に年齢制限は設けられていません。(令和2年度入試の場合)筆記試験も推薦入試の問題と同じで各科目40分で解かなければなりません。但し受験科目は「国語」と「数学または英語」での2科目選考となります。そして一般入試と同様に、筆記試験合格者のみが午後の面接選考に進むという形式で行われています(一般入試の筆記試験科目は国語・数学・英語)。やはり筆記で不合格になるのは辛いところですので、しっかりと国語、数学(英語)の基礎力は高校生同様身に付けておかなければ合格することは困難と言えるでしょう。

 

神戸市医師会看護専門学校の面接選考に関しては、例年面接官3人対受験生3人の集団形式です。あまり圧迫面接と呼ばれるようなものはないとみられます。自分の考えや熱意をしっかり伝えることや、部活や社会経験で身につけたことをどう活かすか、また身の回りのできごとやニュースへの意見を求められることもあります。立ち居振る舞い、身だしなみに気をつけておけば、後は落ち着いて自分なりに話せばいいと思います。これも何度も自分の意見を言う訓練をしておけば問題なくクリアできるはずです。


神戸市医師会看護専門学校の受験倍率は学校発表はありませんが本校の受験生報告によれば、おおよその受験者数は下記の 通りです。
2017年度入試(社会人入試50名・一般入試133名)
2018年度入試(社会人入試58名・一般入試72名)
2019年度入試(社会人入試44名・一般入試60名)
2020年度入試(社会人入試35名・一般入試54名)

本校から神戸市医師会看護専門学校への合格者数は
2015
年度から2019年度入試までの過去5年で52
(推薦入試14名・社会人入試21名・一般入試17)

なっています。
2020年度入試合格者は現時点で10名。
(推薦入試
4名、社会人入試3名、一般入試3名合格)


神戸市医師会看護専門学校の合格を目指す方は現役高校生も社会人、主婦の方も是非本校の中堅校受験Aコースで学び、看護師になるための道を切り拓いてください。

 

詳しくは公式ホームページをご覧下さい→神戸看護受験セミナー

2020年01月24日 (金) | 看護医療受験情報すべて表示

看護専門学校合格を目指すみなさんへ

看護専門学校合格を目指すみなさんへ~

 


間もなく令和元年も幕を閉じようとしています。来年早々の一般入試を控えた受験生の方々は日々、勉強に明け暮れ大変な時期かと思います。今年はインフルエンザの流行が例年より早いようですし、くれぐれも体調管理にはお気をつけ下さい。なんと言っても医療者を目指されている以上は自身の健康を護ることは必須ですからね。

 

さて、2020年度生入試はいくつかの学校で選考内容に変更がありますね。

例えば神戸市民間病院協会神戸看護専門学校では一般入試に面接試験が課されます。久しぶりの面接試験復活で驚きましたね。昨年までの社会人入試や、推薦入試では「1分間スピーチ」や「計算問題」、「四字熟語の意味と読みを2つ答えよ」など様々な形式での面接が行われてきました。今年の社会人入試では結構オーソドックスな質問が多く、「なぜ今看護師を目指すのか」「本校の受験動機」「職場で苦手だった人とどう対応してきたか」「あなたの長所を今後どう活かすか」などの質問がありました。しかも「個別面接」であったため、より人間性を注視していたのかもしれませんね。一般入試の面接がどのような形式になるかは予想できませんが、自分なりの答えをしっかり持ち、最低限受験校の教育理念や特徴的なところは頭に入れておくべきでしょう。もちろん、直近のニュースなどにも興味を持って知っておくことも大切です。

 

また、西神看護専門学校では「社会人入試」が新設されました。一般入試の受験科目も昨年までの「国語」「生物基礎」「小論文」※B日程(1月に実施された一般入試)から「国語」「数学」「英語」に変更されました。12月に実施されたA日程には「数学」がありましたから予測は可能ですが、「英語」に関しては過去問題がないので、過去問対策を実施することはできません。あくまでも予測の範囲内での準備をせざるを得ないと考えますので、せめて西宮市医師会レベルの英語対策はしておくべきかと思います。

 

一方で尼崎健康医療財団看護専門学校のように受験科目が削減された看護専門学校もありますね。「数学」がなくなり「英語」「国語」「小論文」になりました。数学が苦手だった受験生には朗報だったかもしれませんね。ただし推薦入試の評定が3.53.0に引き下げられたこともあり、推薦受験生が増加したため(2019年度生19名→2020年度生55)合格者も大幅に増えました。(13名→30)。社会人入試の合格者数は昨年同様17名なので、専願であることを考えればすでに47名の入学がほぼ確定しているのことになります。では、一般入試の合格者枠は定員70名なので…単純に引き算をすると狭き門になりそうですが、一般入試は併願者数も多いので35名前後でしょうか。いずれにしても受験者数によりますが、昨年度と比べると少し倍率は高くなりそうなことが予測されます。合格を手にするためには得意科目のミスを防ぎ、きちんと得点を取ることが望まれます。また小論文もルールを守りながら、最低でも600字以上は書ききる練習をしておくべきでしょう。

 

医師会系では、神戸市医師会、西宮市医師会ともに推薦入試の受験生が増加しました。西宮市医師会看護専門学校では30名弱の増加、神戸市医師会看護専門学校でも10名強の受験生増となりました。西宮市医師会は推薦、社会人入試ともにほぼ昨年同様の合格者数だったので(合わせて59)、推薦が併願可であることも加味し一般入試でも50名程度の合格は出すと思われます。神戸市医師会は今回の入試から一般2次入試(3/7実施)を新設したためなんともいえませんが、30名は合格を出すのではないかと考えています。いずれにしてもそれぞれ3倍程度の倍率になろうかと思っています。例年、同日の実施になるので併願ができませんが、数学の得点率が肝になるだろうと思っています。くれぐれも計算ミスのないように、また神戸市医師会では濃度計算、必出です。整理しておく方がいいでしょう。

(各数値は本校受験生報告によるデータ)

 



いくつかの主要専門学校の2020
年度入試についての所見を述べてみましたが、確実に言えることは専門学校の受験科目や傾向は何年かごとに変わります。要は、出題される可能性のある科目「国語」「数学ⅠA」「英語ⅠⅡ」「生物基礎」「小論文」これらの科目をある程度の時間をかけて取り組んでおくことが合格を手にする鍵だということです。もちろん学力には得意科目、苦手科目、ブランクの有る無しなど様々な要素がありますから一概に言うことはできませんが、逆の言い方をすれば、苦手科目があろうとブランクがあろうと出題される範囲が決まっている限り克服することはできますし、看護学校に合格することは誰にでも可能性はあります。いかに勉強に費やす時間を作る工夫をするか、忙しい中でも効率的に学ぶか、そして諦めず結果を手にすることを信じて粘り強く取り組むかにかかっていると、私は考えます。

 

社会人や主婦の方のキャリアアップ、あるいはシングルマザーで確固たる資格取得を目指したい方。それぞれにチャンスは平等にありますが、過ぎ行く時間は待ってくれません。思い立ったらなるべく早く始めてください。

高校生の方もクラブ活動、定期テスト、本当に忙しいですよね。でも日々、なるべく休まず登校し、成績もなるべく落とさないことが推薦入試合格の決め手にもなります。くわえて、コツコツと受験対策をしておけば志望校合格もきっと叶うことでしょう。

 

看護師になりたい―。様々な経歴を持つ、数多くの方が私のもとから出発し、今は医療現場で活躍しています。一度や二度の失敗や挫折なんて大した問題ではない。そんなものは成功へのただのステップです。自分を信じて最後まで諦めず「なりたい」を「なれる」に変えてください。そんな強い思いを持つ方の、夢を叶えるお手伝いをこれからも続けたいと願っています。

2019年12月19日 (木) | 看護医療受験情報すべて表示

令和元年度・面接マナー講習会

83()に、看護医療学校受験対策の第一歩「面接・マナー講習会」を実施しました。看護専門学校、看護医療大学を目指す本校生が参加し約4時間にわたり、立ち居振る舞いや発声練習、好感をもたれるマナーエチケットの基本を演習しました。

この講習で身に付けた知識を基に、後期からの受験期には一人ひとりに対して面接訓練を実施していきます。

 

 

さて、面接試験で重要なことは

・志望理由や自己PRを含め、面接官の先生とのコミュニケーションの場であること

・相手に話を聞いてもらうためには、良い印象を与えること。「メラビアンの法則」と呼ぶ、第一印象の重要性を知ること

・第一印象は声の調子、表情でほぼ80%が決まってしまうこと

つまり、入室から自己紹介などの行動で相手に持たれる印象が決まってしまうことであり、あらかじめ用意した問答例を暗記して話すことではないことを理解してもらいました。

 

 

 

看護医療系の学校では、看護専門学校のほとんどと、大学でも推薦やAO入試では面接試験を課す学校が少なくありません。普段から自分の印象、話し方、声の調子などを気にかけておくことがとても大切です。  


 


また、自分ではなかなか確認できない、すわり姿、お辞儀の仕方なども訓練しました。

すわり姿は

・背もたれにもたれず、こぶし一つ分を空ける

・女性は指先を伸ばしてそろえ、男性は軽くこぶしを握る

・背筋を伸ばして胸を張る

 

 

お辞儀は

・まっすぐに立ち、胸を張り、あごを引く

・背筋を伸ばし「ウエスト」から約30度、体を倒す

・一呼吸おいてからもとの直立の状態に戻す

これらが、印象の良い立ち居振る舞いです。

  

 

 

志望理由のロールプレイングでは自己PRを含めて、どのように話を組み立てるか、自分の熱意や良いところなどもきちんと面接官に伝えるための組み立ても学びました。また、印象に残る話し方も全員が演習をしました。

一般入試では高校生も、社会人も同時に受験することになります。年齢、性別の垣根を越え、楽しい中にもそれぞれが協力しあい真剣に取り組みました。

 

 

身だしなみや言葉遣いは、看護学校に合格するためだけのテクニックではありません。これから先、患者様やそのご家族はもちろん、チームスタッフからも愛される医療従事者として活躍するための必要最低限の素養です。

そういったことが、医療従事者にとって重要なコミュニケーション能力の基本ともいえるのです。

いつまでも初心を忘れず、常に明るく元気に相手を思いやれる医療従事者になってください。合格目指して頑張ろう!

2019年08月15日 (木) | 看護医療受験情報すべて表示
53件中 1~5件目 < 前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ... | 11 | 次のページ >