西宮市医師会看護専門学校・倍率・入試情報

西宮市医師会看護専門学校合格を目指す方へ

~倍率や過去問題傾向、面接などの入試情報

 

西宮市医師会看護専門学校は、現役高校生、社会人経験者それぞれに高い人気を誇る伝統ある看護専門学校です。専門実践教育訓練給付制度もあり、社会人の方も学費面の負担が軽減され安定的に社会人入試の倍率も高い傾向にある看護専門学校です。JR西宮駅からも徒歩2分程度と交通面も良く、通学がしやすい立地条件も人気の理由のひとつでしょう。在校生の年齢層は20代前半と若干低くなっていますが、30歳代の社会人や主婦の方でも本校からは数多く進学しています。

 

西宮市医師会看護専門学校社会人入試の特徴は「一般教養」であることです。一般常識問題に合わせて生物基礎や数学、国語などとの複合問題になっており、問題数が大量で、100分で全てを解ききるのはかなり困難といえます。筆記試験で合格点に近づくためには、最も得点しやすい「生物基礎」「数学」の基礎学力を習得しておくことが重要で、解けそうな問題から解き進め取りこぼしを無くすことが良いでしょう。西宮市医師会看護専門学校社会人入試は筆記試験で合格点に達しなければ面接選考に進めませんので、できるだけ筆記試験で高得点をとる努力をしておくことが合格の条件です。勉強量に比例して得点しやすい「生物基礎」「数学」をしっかり基礎から学習しておくことが効果的です。

 

また、西宮市医師会看護専門学校の推薦入試は「数学」「国語」の筆記試験となっていますが、国語の中には200字の「小論文」があることに注意が必要です。注意点を順守することが求められますが、日頃からの「書くこと」への意識をしっかり持っておくこと大切だと思います。文字の「丁寧さ」「見やすさ」なども授業でのノートのとり方への意識で随分と変わると思います。また西宮市医師会看護専門学校の推薦入試では評定基準が3.0に近年、下げられました。そして看護専門学校の推薦入試では珍しく「併願可」となっていることも大きな特徴です。このため平成30年度入試以降は100名を越える推薦入試受験者となり、圧倒的に倍率が高くなりました。勝ち抜くためには高校の評定を上げておくことはもちろん、確実な筆記試験合格レベルの学力養成が必要になります。

 

そして西宮市医師会看護専門学校の一般入試は「国語」「数学」「英語」となっていて、ここで皆さんがあまり得意でない「英語」が出現します。平成25年度生入試までは生物だったのですが看護専門学校の入試は科目においても数年毎に変更がされる場合がありますので、新年度の募集要項には目を光らせておくべきだと思います。ただ英語は過去問題を見れば分かりますが、比較的に平易な問題構成になっています。高校1年生レベルの基礎学力を身につけておけば恐れる必要はありません。

 

西宮市医師会看護専門学校の受験倍率は、過去3年分の学校発表が公式ホームページに掲載されていますので入学者の平均年齢と共に参考にしてください。

ちなみに本校受験生報告による2020年度生入試の受験者数と合格者数は、

・社会人入試41(合格11)

・推薦入試161(合格48)

・一般入試128(合格48)でした。

 

本校から西宮市医師会看護専門学校への合格者数は、

2015年度から2019年度入試までの過去5年で26名。

2020年度入試の合格者数は現在8

(社会人入試1名合格・推薦入試2名合格・一般入試5名合格)となっています。

西宮市医師会看護専門学校の合格を目指す方は是非本校の中堅校受験Aコースで学び、看護師になるための道を切り拓いてください。

詳しくは公式ホームページをご覧下さい→神戸看護受験セミナー

 

2020年01月28日 (火) | 看護医療受験情報一覧
< 前のページ | 次のページ >
good (38)
このブログはiタウンページ広告主からのタイムリーなお知らせです。